2013年09月24日

しげ脳vol.229「次代のリーダーが育つ場所に〜沖縄公共政策研究所HP開設〜」

安里会長の次なる取り組み「沖縄公共政策研究所」。
そのホームページが開設し、体勢や今後の展望が見えてきました。

お話をうかがうと
なにやら面白そうな取り組みもあるようですよ〜。



しげ脳vol.229
「次代のリーダーが育つ場所に〜沖縄公共政策研究所HP開設〜」


oipp-top.jpg


おかげさまで沖縄公共政策研究所(以下、沖公研)のHPが開設されました!


沖縄公共政策研究所ホームページ 右向き三角1 http://okinawa-ipp.jp/


ようやく情報を出せる環境が整ってきました。
沖公研は可視化を目指していきますので
僕らを通して多くの方に沖縄の魅力に触れてもらったり
関心を持ってもらいたいですね。
あと、沖縄にもこんな考え方している人達がいるんだ、
っていう期待感を持ってもらえたら嬉しいです。

編集)体制がおもしろいですね。早稲田大学の教授陣や地域広告会社コンソーシアムと連携していたり、その他理事・評議員にいろんな方が名を連ねていたり。吉本興業株式会社の大ア社長の名前もありますね。

うん、得意分野のある方々で構成させて頂きました。

みなさん個々も面白いから、
さらにこの人たちが集まると
何をやらかすんだろうっていう
期待感があります(笑)


プロの集合体なんでね、そういう方の知恵をお借りしながら
沖縄益につながるような提案をしていきたいです。

編集)わくわくしますね!今はどう動いてるんですか?

計画作りから仕組みづくりに至るまで、
まずは通常のルーティーンの回し方などに取り組んでいます。
あと、常駐の研究員を選定していて。今月中には決まると思います。
ありがたいことに、僕が研究所を立ち上げたと聞いて
「こんなことに困ってるんです」とか
「こんなものを沖縄の産業にしたい」とか、いろんな問い合せがきてて。
さっそく対応させてもらっています。

編集)へぇ〜!早くも!どのような方から連絡がくるんですか?

はい、来ますね。自治体と連携しながら
地域振興を頑張っている団体ですとか、様々です。
たくさんシンクタンクがある中で 
僕らにお声掛けいただけるのは嬉しいですね。
沖縄を基軸にオールジャパンのビジョンを持って
流通のプロとしての目線も確保しつつ
課題解決にむけて取り組んでいきたいです。
だから…東京と沖縄を行ったりきたりだよ〜。

編集)忙しさは変わりませんね。でもきっと安里会長は一つのところに留まるのは我慢できないんじゃないですか?動きたくてそわそわしそうです(笑)

石の上にも三年っていうしね、
まずは三年がんばります(笑)

編集)期待しています(笑)ちなみに、沖公研は会長だから作れた、という側面はありますか?

そんな側面もあるかもしれませんが
仮に僕が抜けてもナレッジがたまるような組織にしなきゃね。

編集)1人の人ありきだと、その人が抜けただけで組織ががガタガタ崩れちゃいますもんね。

ただ、その裏を返せば人が魅力なんだよね。
だからもっと面白い人いれようとか、
可能性を感じてもらえる人を確保したいですね。

編集)なるほど〜!そう思うと会長ってバランスがいいですよね。行動力も発進力も、志も、いろんな項目が平均値以上!!

いや〜僕もダメなとこいっぱいあるもん!

編集)いやいや!特に発信力がすごいなと思います。

常に社会からアカウンタビリティ、
説明責任が求められると思うんですよ。
企業経営者の立場でもそうですし、
研究所所長としての立場でもそうです。
例えば、うちの嫁から「あんた今日何してたの!?」って言われて
すいません、誰々と何してました〜って言わなきゃいけないし笑

そうやって見たもの聞いたことを
伝えていく責任があるんですよね。
これは僕だけじゃなくて、
すべての方々にあるはずですから。


だからうちの研究所にふれて気付いたことは
教えてほしいですし、感じたことを広げてほしい。
そういう人と人との良い意味での連鎖の中で
新しい可能性は生まれるからね。
自分の殻に閉じこもっていたら前向きにならないじゃんね。

編集)そうですね、常に動いて人と会っている会長に言われると納得です!他にも特徴的な取り組みはありますか?

人材育成をしてほしいという声が多いものですから
春夏秋冬、4つの講座を立ち上げて
政治経済、社会全般を学びながら
プレゼンテーション力を高めていくような
リーダーシップの育成をやっていこうと思っています。

編集)えっ、それは東京での開催ですか?

いえ、沖縄です。

編集)受けたいです!!!会長も講師を務めるんですか?

もちろん僕が講師です。それに、僕だから
呼べるような方も講師に招く予定です。乞うご期待!
ただ、あまり広げてもしょうがないので人数は絞ります。
そこから次代のあらゆる分野のリーダーが育つような
環境ができたらなと思います。

編集)募集以上に申し込みがきたら、どう選ぶんですか?

まず志願の動機を添付してもらうので、
そこで選定させていただきます。

編集)そうですよね、本気の方に受けてほしいですもんね。

だって僕も本気だもん。

編集)うわ会長の本気!!私、絶対応募します!!日本人はまだまだプレゼン能力を磨く必要ありますもんね。

プレゼンの練習をやってないだけですからね。
コミュニケーションで社会が成り立ってる以上、
避けられませんからね。
楽しみにしていてください。

[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]


posted by 安里繁信 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375654527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。