2013年06月30日

しげ脳vol.219「730日〜OCVB会長、退任の日〜」


沖縄観光コンベンションビューローの会長職を
2年間、730日、まさに駆け抜けた安里会長。
続投を望むたくさんの声の中、6月26日で任期満了となりました。
今回はOCVBの新人職員さんが企画したという退任激励会に参加、
職員のみなさんの声を聞いてきました。
会長の2年間はやっぱり熱かった…!!


しげ脳vol.219
「730日〜OCVB会長、退任の日〜」


tainin-0.JPG


tainin-1.JPG

もちろん司会も職員さん


今回の内容は安里会長に知らされておらず、
企画メンバーの方々が「絶対泣かせる」と
はりきっていたというだけあって様々なサプライズが!




tainin-2.JPG

登場は、まはえちゃんにエスコートされて
まるで結婚式の新郎新婦入場のようです(笑)



tainin-3.JPG


OCVB有志によるバンド演奏で安里会長も舞台に。
内間理事のギターをバックにBEGINや長渕剛を会場と一緒に歌い上げました。



tainin-4.JPG




tainin-5.JPG


職員のみなさん手作りの「安里繁信うちわ」と巻き上がる繁信コール!
さながらアイドルのライブのような盛り上がりに
会長が親しまれる存在であることが伝わります。




tainin-6.JPG




tainin-7.JPG




歴代のミス沖縄のみなさんから花束と寄せ書きを贈呈。
すでに目が真っ赤な安里会長、挨拶として
仲間への感謝と共に内間常務の人柄に惚れたことなどを語られ、
こう締めくくりました。





お互の成長なくして、沖縄の成長なし。

 不満や愚痴、怒り、嘆きじゃなく、
 明るい言葉を発していきましょう。
 その連鎖の中でこそ、未来は作っていけると思います。
 

 僕はこれから、
 『あのおっさんと仕事してたんだよ』と
 みなさんに自慢してもらえるような
 生き方を絶対しますので、
 またお会いする時に、お互い
 成長したなと称え合えるような関係でいましょう」



会長の挨拶を受け、会場からは、鳴り止まない拍手が。

沖縄観光を『業界から産業へ』という方針を掲げ、
事業の可視化や職員の雇用、専門委員会の設置など
様々な方向から改革に取り組んだ会長の2年間。
結果として賛助会員企業の増加や累積赤字の解消、
クルーズ船の寄航数の増加など
目に見える数字での成果を出したことはもちろん
こうしてOCVB内の空気を、職員の心を一つにしたこともまた
大きな功績なのではないでしょうか。



最後に、中締めの挨拶として内間常務が登壇されました。




「安里会長が就任されて、どう向き合うか考えたのですが
 この方にはシンプルで策略なく向き合うべきかなと思い(笑)
 接してきた次第です。
 
 2年で培ってきた土台を165名で一致団結して
 進化発展させていきますので
 会長におかれましても、
 体はいいんですが、ご家族を大事に(会場爆笑)
 がんばってください」


tainin-11.JPG



内間常務、屋良局長はじめ仲間のみなさまに
親しまれ、信頼されていることを感じる激励会でした。
安里会長、大変おつかれさまでした!



====== 参加者の声 ===============

●OCVB/平敷専務(開会の挨拶より)

安里会長が就任されることになり、いろんな方から『安里さんって
大変そうな人だけど大丈夫?』と心配されましたが(笑)
会ってみると目がキラキラしていました。
 
仕事でお仕えしていて感じたのは、会長は私利私欲でなく
公のために動いているということ。
二年での退任は惜しいのですが、彼の生き方のスタンスは
険しい山を登ることなんだろうと理解して送り出します。


●OCVB/役員秘書 高嶺さん

最初はどうなることかと思いましたが(笑)
みんなのことを見てくれます。
職員1人1人の顔と名前を覚えてるのがすごい!


●OCVB/女性職員のみなさん

遊び相手がいなくなって寂しい!!


tainin-9.JPG




●旅行会社/社員さん
会長職の方とこんなにフランクに話せるなんて、あり得ないです。
OCVBの雰囲気も変わりましたね!
民間の若い世代が観光を変えていくというスタイルは
他県が追随することも考えられます。
安里さんの存在はOCVBにとっても、沖縄観光にとっても、
絶対に良かったと思います。
おつかれさまでした。


●OCVB/目島課長

僕は会長の1才年下なんですが、会長が就任される数ヶ月前に
東京事務所の所長をさせて頂くことになって
若い自分でいいのか不安だったんです。
そこに安里会長が就任されて、東京事務所にいらした時に
僕の不安に気づいたんでしょうね、
「背伸びして仕事しなさい」とおっしゃったんです。
普通そんなこと言えないですよね。
レベルは違いますが、同年代で同じ経験をされてるからこそ
言えることだと感じて、とても励みになりました。
ありがとうございました。



[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]

posted by 安里繁信 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367924081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。