2013年03月11日

しげ脳vol.206「縁から生まれるもの〜稲穂塾、座間味へ〜〜」

しげ脳vol.206
「縁から生まれるもの〜稲穂塾、座間味へ〜〜」


sige206.jpg

2月の稲穂塾で
稲穂塾 in座間味島、という企画を
3月に実施することになりました。
稲穂塾っていうのは、稲嶺前知事を塾頭として
高良倉吉副塾長と30〜40代の
一緒に沖縄を考えたいメンバーで集まって
月に一回勉強会をしてるんですよ。

内容は、今の時事に関して塾頭から
課題をいただいてディスカッションしたり
知事時代の対米交渉や沖縄の世論形成とか
今だから話せることを教えていただいたり。
塾生も個性的な方が集まってて、
首長でいうと石垣島の中山市長、豊見城市の宜保市長、
座間味村の宮里村長とか、国会議員だと宮崎政久さん、国場幸之助さん、
内閣府沖縄担当大臣政務官になった島尻あい子さんや
経済界では拓南製鐵の古波津社長やカヌチャベイリゾートの白石社長とかね。
県の文化観光スポーツ部の平田大一部長も稲穂塾のメンバーですし。

編集)そうそうたるメンバーですね〜!

そうだね、若手といっても一番脂ののった世代ですね。
そういったメンバーで政治経済社会、
これからの沖縄、日本の話をしてるんです。
また、嬉しいことに副塾長の
高良倉吉さんが副知事になるんですね。
この塾からどんどん活躍される方が出ていて
刺激を受ける場になってるんですが、
このメンバーで初めて、沖縄本島を離れて座間味島へ行こうと。

編集)稲穂塾の拡大版、という感じですか。

うん…「お出かけ稲穂塾」って感じ(笑)
いつもは那覇市内のホテルとかで開催しててるんですが
座間味村の宮里村長も塾生ですし、
島の観光経済を見てみようということと、
あと島の人たちと直接ふれあう機会もないからさ、楽しみですね。

編集)それにしてもそのメンバーが一気に上陸するってすごいですね。

あと、「せっかく島に上陸するなら」と
稲嶺塾頭の講演会も開くことになって。
塾頭自らみんなで座間味を盛り上げようと動いてくださることを嬉しく思うし、
こういう一つ一つのご縁がありがたいと思いました。
他にも塾生である宮里村長と南都の大城副社長が
座間味村でとれる山桃をリキュールにして島の特産品をつくってみたりね。
このネットワークの中でおもしろい動きが生まれはじめてるのね。
だからこの輪はずっと大事にしたいなと思っています。

編集)みなさんで島を回るといろんなアイデアが出そうですね。

僕らが日常ふれてるものも外からの視点だと
いろんな活かし方がみえるじゃないですか。
いつも同じメンバーで島のことを考えていても
知恵や情報量って限界があると思うんですね。
だから外から違う視線を当てるってすごく大事でしょうし
これだけ政治という枠組みを超えていろんなメンバーが
集まることはおもしろいことだと思います。
塾生だけで一晩、修学旅行気分で
語り合うのも楽しみなんですよね〜!

編集)そのメンバーがみんなでお泊まりしてるってすごいです(笑)

枕投げとかしようかな〜(笑)
なんか、いいよね。
僕らも非日常で自分を見つめ直して
4月からの新年度を迎えるきっかけになるでしょうし
今から遠足の前の子どもみたいにドキドキしてます。
慶良間はなにもないんです、って言う方もいますが
なにもいらないんだよね。
そこに身を置くだけで心が洗われる。
3月はホエールウォッチングの時期で座間味島の観光シーズンなので
みなさまも春の香りのする座間味へ起こしください。


[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]

posted by 安里繁信 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/343849296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。