2013年01月26日

しげ脳vol.201「今帰仁城跡を望む〜沖縄花のカーニバル開催〜」

日本で一番はやく桜が咲き、春の訪れを感じさせる1月の沖縄。
実は桜の他にもつつじやコスモス、百合など
たくさんの花が目を楽しませてくれるんですよ!

今回は1月19日〜5月6日まで開催される
沖縄花のカーニバル2013の話題から。


しげ脳vol.201
「今帰仁城跡を望む〜沖縄花のカーニバル開催〜」




sige201-1.jpg

1月19日から沖縄花のカーニバル2013がはじまりました。
これは全島緑化県民運動のひとつで、
美しい花でおもてなししようという取り組みです。
花祭りもいっぱいあるんですが、
パレット久茂地前広場の花いっぱい運動は
地元の各金融機関さんにプランターと花の種を寄付していただいて
期間を終えたら県内の保育園などに配るんですね。、
そのお礼の手紙が保育園からまた返ってきたりしてね、
すごくいいイベントなんです。
他にも海洋博公園で沖縄国際洋蘭博覧会が開催されて
秋篠宮様もいらっしゃいますし、
5月6日まで沖縄中で花祭りが行われます。

sige201-2.jpg


編集)沖縄の花といえばブーゲンビリアかハイビスカスというイメージでしたが、いろんな花のイベントがあるんですね。

国頭村や大宜味村では椿祭りもあるし
東村のつつじ祭りも伊江島のゆりまつりも有名でしょ。
ぜひ遊びにきてほしいと思います。
先日は本部町(もとぶちょう)の本部八重岳桜まつりと
今帰仁グスク桜まつりがスタートしたので僕も行ってきました。
山頂が八分咲きで春の訪れが感じられてきれいでしたね。

でさ、本部町(もとぶちょう)って
街がめちゃくちゃきれいなの知ってる?
たぶん沖縄で一番
きれいだと僕は思うね。


街路にも雑草生えてないし、花いっぱいなんです。

編集)ちゃんと地域の方がお手入れされてるんですね。

そう!町づくりの一環になってるよね。
だから本部に入った瞬間きれいになる。
さくらももちろんキレイだけど、街がきれい。
この取り組みは沖縄美ら島財団と本部町ともとぶ町観光協会で
協力して事業として継続的に行ってるみたいなんだな。
国道の雑草を国が除草してくれないとか
予算がないからできないとか、
そういう声はよく聞こえるけど

本部町は自分たちで
きれいにしている。
本部できて他ができないことは
ないと思うんだよね。


そのからくりを勉強したいと本部町観光協会の
田中会長にも申し入れてるところなんです。
この仕組みを勉強して全県に展開していきたいんですよね。


編集)やっぱり他地域との違いは本部町の方は自分たちが沖縄観光を担っているという意識があることですかね。

うん、観光で生きていくっていう覚悟とか
子ども達にきれいな街を見せたいとか
来て頂いた方に感動を届けたいとか
いろんな想いからプロジェクトは動いたと思うんですが、
すごいと思いますね。
そんなわけで今帰仁城跡にも行ったんですが
恥ずかしい話、初めてだったんです。
桜が咲いてるだけじゃなくてね、
城壁から見渡す海も壮大で
いろんな場所にウガンジュ(拝所)があって
手を合わせてる方がいたり。
当時ここに大奥があったとか、藁葺きだっただろうという話を聞いて
感動したのと同時に、あの時代に
この場所でこの海を見て何を想ったかと考えたんですよ。
決して豊かといえない時代のわけでしょう。
今日明日なに食べるか悩んでた時代だったでしょうし、

なんかね…日常考えてることが
小さく感じたんですね。


いろんな想いにふけりましたよ。

sige201-3.jpg


編集)貴重な体験ですね!会長はいろんな場所に行かれてますが、なかなか感じない感覚ですね。

首里城ではなかった感覚ですね。
あちらは復元したもので、それも一つの魅力なんですが
それとは全然違う感覚です。
城壁以外なにもありませんから、周りは全部自然で。
ヨーロッパから来る方は首里城より
今帰仁城とか座喜味城がいいという方もいらっしゃるんですよね。
復元されてない、そのままの姿を見たいと言ってね。
その国によって関心の対象が違うんですよね。
中国の方は米軍基地が見たいって言ったり(笑)

だから僕らも新しいものを
作っていくのも大事ですが
古いものの良さをどう伝えるかとか、
どれだけ魂こめてセールスするかとか、
違う領域に僕らも
いかなきゃいけないと感じました。


とにかく感動しましたので、城巡りを
ライフワークに取り入れたいと思った
今日この頃でございました。
いずれにしても、あの時代あの場所に立って
海を眺めながら何を思ったのか
そんなことに思いを馳せるぐらい、
心の余裕を持ちたいですね。


[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]


posted by 安里繁信 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。