2012年10月18日

しげ脳vol.187「めざせ!ウチナーンチュ平田化現象 〜観光功労賞受賞者・平田久雄さん〜」

8月に沖縄県の主催で行われた観光功労者の授賞式。
昭和52年から始まったこの取り組みは、これまでに
さまざまな方面で沖縄観光に貢献した方を受賞してきました。

その中でOCVBが推薦した平田久雄さんも受賞。
安里会長が尊敬してやまない先輩についてお話をうかがいました。

しげ脳vol.187
「めざせ!ウチナーンチュ平田化現象
〜観光功労賞受賞者・平田久雄さん〜」


今年8月に沖縄県観光功労賞の授賞式があって、
受賞者の一人に平田久雄さんという方がいらっしゃるんですね。
この方は僕がすごく尊敬する先輩の一人。
奥さまが台湾の方ということもあって
沖縄・台湾交流振興会の会長として
台湾と沖縄の架け橋になりたいと
ゴルフやマラソンを通して相互交流を深めたり、
一生懸命 活動されてるんですよ。
沖縄からツアーを組んで高雄マラソンに行ったり
向こうの方を那覇マラソンに呼んだりね。
これまで観光功労賞は観光業に関わってる方が
受賞することが多かったんですが
彼はそうじゃないんですよ。
架け橋になるっていう使命感のみで
沖縄と台湾の方が交流する機会を増やしてがんばってらっしゃる。

編集)それを商品として商売しているわけじゃないんですね。

うん、違うんだよ。
隣の島同士、一緒に生きていこうよ、
それが沖縄の果たして行くべき役割じゃないかって
強く思ってらっしゃって。
先日も沖縄県ゴルフ協会の比嘉会長と一緒に
台湾のゴルフ団体を受け入れて交流試合しておられましたね。
僕もその場に呼んでいただいたので
挨拶でこんな言葉を使わせていただきました。

「我是不是我的我」

台湾、中華民国の総裁であった李登輝さんの言葉なんですけど、
私は私だけの私ではない、というような意味なんですね。
公を志すとはそういうことだという
メッセージとして僕は読み取ってるんですが
まさに平田さんも自分のために活動されてるんじゃない。
みんなが交流を深めて親睦を深めて
いい絆を育んでほしいという思いは公の心だと思うんですよね。
そんな平田さんにこの言葉を贈ります、と。
本当、すごい情熱家で
しがらみがない分なんでも発言するからかっこいい。
大好きな先輩なんです。

編集)かなり台湾の方からも慕われてるんでしょうね。

もうね、沖縄に来てるのか
平田さんに会いに来てるのか、
っていうぐらい大人気なんですよ。


沖縄には平田という方がいて
一生懸命活動してるってのをみなさん知ってるんだよね。
だから沖縄に来た方は平田さんに会うと喜ぶし
平田さんも満面の笑みで迎えるわけさ。
観光の一つのきっかけになってるんですよね。
そういう人のぬくもりとか温かさとか、
あんたに会いに行くよって言われる人ってすごく魅力的だと思いますね。
沖縄の一つの良さとして「人柄がいい」って言う方がいますよね。

例えば初めて立ち寄ったバーで
出会ったマスターの人柄に惚れて
また会いに行こうとか、
あるいは居酒屋でスタッフが
すごくいい対応をしてくれたから
また沖縄にリピートするとか
そういう一つ一つが観光資源だなと思ったのね。


だから僕ら観光を語っていく上で平田さんの姿勢を
学ばなきゃいけないなと課題を持ったのと同時に
もし沖縄県民140万人、
みんなが平田さんみたいになれたら
沖縄が目指す観光客数1,000万人なんて
簡単な気がするんですよね。
理屈じゃなくて、本当に自分の地域が好きで、
いいところだから来てくれ!って言って
来てくれた方は大歓迎して今度はそっちに行くよ、と。
そんな交流を続けてこられた姿勢に心から敬意を払いたいし
後輩として遅まきながらそういう先輩の活動に
参画して行きたいなと思いました。

ウチナーンチュ全員
平田化現象が起きるといいよね(笑)


編集)人って資源ですよね〜。

うん、人のために社会があるわけだし、
社会の未来を作っていくのも人だし
常に人との交わりっていうのは普遍的なものだと思う。
いくらネットワーク社会になっても
発信源は人だし、受け止める側も人なわけだから。
口コミとか、ぬくもりとか、そんなものって
デジタルの世界では味わえない奥深さがあるよね。
インターネットに偏ることなく直接ふれあうことの大切さを
痛切に感じた今日この頃でございます。
ですので、平田先輩に敬意を表すると同時に
沖縄県民 平田化現象が起こることを大いに期待したい(笑)
そんな思いを込めてうちの財団から
観光功労賞に推薦させて頂いたので
これからも活躍していただきたいと思います。

[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]

posted by 安里繁信 at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本日は私達のゼミに来ていただき、
貴重なお話ありがとうございました!
大好きな沖縄のために今の私ができること、
バイト先に来た観光客の方に、私の対応が沖縄でのひとつの思い出として感じてもらえるように、平田さん流で楽しく接客したいと思います\(^o^)/
どんな沖縄にしていきたいか。沖縄にどんな誇りをもつのか。これらの私なりの答えって何なのか...卒業までの課題です!
Posted by 山城 文那 at 2012年10月19日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。