2012年08月23日

しげ脳vol.179「世界一の子どもたち〜ダンス世界選手権で沖縄のSol-T-Shineがグランプリ〜」

また、沖縄から世界一が誕生しました!

8月初旬にラスベガスで行われた
ヒップホップダンスの世界選手権
「WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIP2012」で
沖縄出身の小中学生8人組「Sol-T-Shine(ソルティーシャイン)が
12〜18歳のバーシティー部門で優勝!!!

沖縄一でも日本一でもなく、世界一!
安里会長もすっかり惚れ込んだというソルティーシャインの優勝から
素晴らしい指導者に巡り会う秘訣まで伺いました。



sige179.jpg
しげ脳vol.179
「世界一の子どもたち
〜ダンス世界選手権で沖縄のSol-T-Shineがグランプリ〜」





編集)先日、沖縄の子ども達がヒップホップダンスで世界一になったそうですね!

そうそう!
Sol -T - Shine(ソルティーシャイン)
っていう子たちなんだけど
その報告をしに先日OCVBに遊びに来てたんです。
ラスベガスで世界一ですよ〜!


----------------------------------------
参考)
米国ラスベガスで行われたヒップホップダンスの世界選手権「WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIP」。8月1〜5日に行われ約40カ国から3千人が集い、日本代表として沖縄から出場したSol -T - Shine(ソルティーシャイン)が12〜18歳のバーシティー部門で栄冠に輝いた。

----------------------------------------



大会にはちびっこチームとアダルトとか、
3つぐらい部門があるらしくて
ソルティーシャインはちびっこチームで出たらしいんだけど
点数はアダルトチームを食う勢いでトップを取ったらしいよ。
日本での選抜では3位につけて、
かろうじて世界への切符を手にしたわけですよ。
それを受けてみんなでカンパ集めて
ラスベガスへ挑んで、それで世界一!!
youtubeで決勝の動画を見たけどね、感動!鳥肌もん!





編集)生で見てみたいですね〜!!

なぁ!世界一ってなかなかできることじゃないからさ。
今ちょうど沖縄観光でも修学旅行生の
体験プログラムの一貫としてダンスを取り入れてるのね。
ダンスを学校の授業にも入れていこうという動きもある中で
そのダンスのメッカ沖縄、って言えるわけでしょ
世界一になったから。
これはすごいことですよ。

編集)体験学習をすすめる根拠が明確ですよね。世界一のクオリティがあるという。

意味もあるし、付加価値もつくしね。
とにかくかっこよかったね〜。
一番下で小学校6年生、上が中学校3年生。
リーダーが中学校3年生の綺羅(きら)ちゃんって言うんだけど
かわいくて大ファンになったね。
自分たちは世界の舞台を踏んだっていう誇りと
やりとげた達成感と、
次回はディフェンディングチャンピオンとして
シード権を持って出るので
今以上に磨きをかけてチャレンジしますっていう意気込みとかね。
やっぱりね、彼女たちは何かもってるね!!

編集)持ってますか〜!

OCVBの職員160人の前で
優勝報告会してくれたんだけど
その報告の仕方であるとか今後の方向を語る口調とか、
もうプロですよね。

編集)うわ〜そんな風に子ども達が育つというのは、きっといい指導者がいるんでしょうね。

そう!指導者がロッコさんっていって
もう長年沖縄でダンスを教えてる方だから
沖縄にはいろんなところに彼女の教え子がいるんだ。
今は北谷でスタジオを開いてて
そこから生まれたスターがソルティーシャインなんですよ。
だからいろんな機会に彼女たちを
沖縄の看板として紹介していきたいな。

編集)彼女たちの次の夢はなんでしょうか。

やっぱり世界の一流のダンサーになりたいと。
普通に「世界で」って言葉が出てくるのがかっこよくてさ。
すごかったね。

編集)自信を持てるのはメンタル的にもいいですよね。

うん、自分たちはやれた、っていうのと
まだまだやれるっていう気持ちは大事だよ。
それに加えて今日は宮里美香ちゃんが
ゴルフの全米大会で優勝したでしょ。
これも世界一じゃないですか!
すごい!

編集)沖縄はあらゆる分野で人材の宝庫ですね〜。

そしてここに幸喜朝子(編集員)が加わるんだな(笑)
世界に羽ばたくブエノチキン!

編集)チキン界のプリンセス目指します(笑)

*編集員はブエノチキン浦添で働いている。

がんばって世界に羽ばたけよ〜(笑)
やっぱりいい指導者との出会いっていうのは大事だし
そこでどれだけ本気で夢に向かって動けるか。
あと、この不況の中でご家族の応援って
一番強いと思うんだな。
ご両親が夢を理解して、周りもみんなで
この子たちをラスベガスに送るために応援してくれて。
会場の映像に日本語で
「がんばれー!」って叫んでる人がいて
メンバーのお父さんらしいんだけど、
その子が嬉しそうだったね。
ラスベガスまで応援に来てくれたんだって。
これからはこういう沖縄コンテンツで勝負していきたいね。
有名なアーティストを別の土地から呼んできてライブを見せて
県外、海外からいっぱい
お客さんに来て頂く、これも一つの手段。
だけどやっぱ最後は沖縄のコンテンツで勝負したいな。
メイドイン沖縄にふれてほしいし、
そこに沖縄に行く意味があると思うんだよね。

沖縄が沖縄で
なければならない理由、
存在価値を示していく上で
恵まれた自然にあぐらをかくことなく
それを活かして、
その風土で育った我々が
なにを示すことができるかが
問われてるはずですから
そこを大事に
育んでいきたいと思いました。


ソルティーシャインのみなさん、そのご家族、
指導してくれたロッコさん、
スタジオのスタッフさんに対して心からの敬意を表すとともに
あわせて宮里美香ちゃんも!優勝おめでとうということで
嬉しい幸せな気分をお裾分け頂いてありがとうございます。
僕も負けずにがんばります。

編集)会長も次に目指すはダンサーですね♪

そうですよ、だって僕
ブレイクダンサーでしたから。
今度youtubeにアップしようかな(笑)

編集)へえ〜!!そうでしたか!!それならソルティーシャインの優勝はさらに嬉しいですね〜。

これからが楽しみ。
成長を期待したいね。

編集)ちなみに会長もいろんな指導者の方と出会って人生を成長させてきたと思うんですが、素晴らしい師匠と出会う秘訣ってあるんでしょうか?

う〜ん…
これと思ったら
つかんではなさんことかなぁ。

チャンスの神様は
後ろ髪はないって
言うじゃないですか、

だから後ろ髪にひかれる想いなんて
言ってる場合じゃなく
前髪にぶら下がるぐらいの気持ちで
体当たりするしかないんじゃないか。


この人だ!と思ったらね。
前髪にぶら下がるって相手にとってじゃまじゃん、視界に入るし。
でもじゃまだと思われるぐらい目に入る存在になって
気にかけてもらわんとな。

[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]

posted by 安里繁信 at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優勝おめでとうございます!日本ってすごいですね

2010年にもZEROとゆう愛知県のダンスグループが
この大会のバーシティ部門で優勝しましたし
2011年にもジュニア部門とバーシティ部門
で日本のチームが入賞してますよね確かw

これは日本の誇りのひとつだと思う
ので今年も日本のダンスチームが世界一になってほしいなと思っています^^
Posted by ふゆ at 2013年03月14日 22:14
ふゆさん

ありがとうございます!しげ脳 編集部です。
以前にも日本勢が優勝されてるんですね、すごい!!

誇れる日本が一つでも多くなるといいですね。
沖縄から日本一が出ることも、沖縄、ひいては日本を
盛り上げることにつながると思いますので
沖縄観光シーンも何かの世界一を狙って…がんばります!!
Posted by 編集部 at 2013年04月10日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。