2012年07月09日

しげ脳vol.171「仲間とのコミュニケーション〜OCVBランチミーティング〜」

OCVBで定期的に行われているランチミーティング。
各部署ごとに安里会長とお昼を食べながら
コミュニケーションを取るのが目的で、
価値観を共有したいという安里会長の意向で始まりました。

今回は編集員もお弁当持参で参加。
わきあいあいと雑談したり真剣にビジョンを語ったり…
密度の濃いランチにおじゃまさせていただきました!

sige171-4.jpg



しげ脳vol.171
「仲間とのコミュニケーション〜OCVBランチミーティング〜」


おじゃまさせていただいたのは、総務企画部の
企画広報&フィルムオフィスチームの皆さんとのランチ。
10名の方が参加してスタート!


sige171-2.jpg

「今日はちょうど就任一年目だよ〜!
僕もだいぶ謙虚になりましたよね!?」


と、感慨深そうな安里会長。


「会長の第一印象はすごく威厳のある
近寄りがたい方という感じでしたが
就任したての頃にボーリング大会があって。
その始球式で会長が転びましたよね、
あれを見てかなり親しみやすくなりました(笑)」

との職員さんの言葉に一同爆笑。
会話もざっくばらんに進んでいきました。



なんか聞きたいことあるか、なんでもいいぞ、
との会長の言葉にさっそく入社したての新川さんから質問が。


「面接の時、そこにあった鉛筆を渡されて
『この鉛筆を売れ』っていうお題を出されましたよね。
あれはどんな意図があるんですか?
突然だったんで、すごく緊張しましたよ〜」


安里会長の面接ではおなじみというこのお題。
面接で言われたら確かにびっくりしてしまいそう!


「これをやると、
その人が右脳を使う人か
左脳を使う人か、すぐわかるんだよ。


例えば『この鉛筆は軽い』とか
『使いやすい』とか機能を訴える人は左脳、
『マイケル・ジャクソンが使ったもの』だとか
感覚で伝える人は右脳を使う傾向があるんだよね」


sige171-1.jpg

安里会長の答えに一同「へぇ〜!」
でも、どっちがいいというわけではなく
社内の人材のバランスを考慮するのに役立てるそう。

ちなみに以前、「安里繁信が使った鉛筆だから価値がある」と
かなり会長をヨイショしてくれた方がいたんだとか。
「その方は落ちましたけどね(笑)」
会長の選択眼は厳しい!



続いては「安里会長は映画好きらしいですね」という
フィルムオフィスチームらしい話題に。
ちなみにフィルムオフィスとは沖縄県内のロケ地紹介や
撮影の相談を受けるところ。
映画企画を募集・制作するコンペティションも行っています。
そして質問に対して「僕ね、映画撮りたいんだよ」と会長。


「代筆屋を映画にしたいんだよ。
ベトナム戦争の時に英語が使えないうちナーンチュが
米兵さんに手紙書くのを代筆してたおばちゃんがいるんだよな。
ベトナムに出撃する兵隊さんは、もう帰ってこれるか分からない。
そんな人たちの複雑な感情の間にいるおばちゃんの話、
きっと面白いだろ?単なる戦争映画ではないんですよ」


sige171-3.jpg


いきいきと構想を語る会長に、
「じゃあ会長もフィルムオフィスの
コンペに応募してください(笑)」との突っ込み、
さすが仕事のできる社員さん達です!




続いての質問は
「いろんな国を回ってますが、特によかったところは?」
「住みたいのは断然沖縄だけど、よかったのはパラオだね」と会長。
パラオの海には大きな黒々とした魚が泳いでいたり、
沖縄とは違う良さがあるんだとか。


社員さん「パラオから沖縄が学ぶ点ところは?」


「自然を大事にするところ。

沖縄がだめなのは、
自然という財産を
どんどん食いつぶして
しまうところなんです。


例えば今度ね、石垣島に人工ビーチを作るらしい。
僕はこんな無駄なことするのか、って反対してるんだけど。
石垣の方は『市内からビーチが遠い』って言うんですよ。
遠いって、まわりぜんぶビーチじゃん!
でも車で市内から15分かかるんです、って。
だから埋め立ててして人工ビーチを作るって。
こんなことすると沖縄が沖縄でなくなるんだよね。
もうね、言葉がないね」


社員さん「観光客を集めたいからではないですか?」


「例えばね、今回の新石垣空港の整備はしょうがないんだよ。
あそこは滑走路短いから危険性もあるし
あれ以上中型機が飛べない状況なんで
滑走路は作らなきゃいけない。
でもビーチしかないところにビーチつくるって、おかしい。
山を切ることにもなるわけでしょ。
そんなの絶対後悔する」


sige171-5.jpg


会長の力がこもった言葉に
一同深くうなずきます。
続けて会長からこんなことが語られました。


「この中で子どもいる人?
じゃあその子にさ、
『努力はむくわれるよ』って言える?
いい大学出たらいい就職先につけるよ、って言える?
言えないよな。
僕らの子ども時代までは
いい大学出たらいい企業に就職できた。
だから勉強しなさいって言えたんだよ。
でも今、努力はむくわれんよ。

親として子どもに何を伝えるか。
それをちゃんと考えなさい。
考えれば、もっともっと真面目に
今の大人が生きなきゃいけないよね、って思える。


特に僕らみたいな補助金でやってる組織は
その意識がなくなってしまうと
世間からいらない、って言われたらおしまいだから。
もう消費税増税法案も通ったよ。
円高でもあるし、これから観光はどうなるか。
僕ら観光従事者が世の中に関心持たなきゃ。
嘱託とか非常勤とか関係ないよ、
みんなが高い志でやれるかが勝負じゃないかな。
それで同じ価値観を共有していきましょう」


sige171-6.jpg


ぐっと心をつかむ会長の言葉を頂いたところでランチ時間終了。
真剣にうなずくみなさんの表情が印象的でした。
これからも続くランチミーティング、
OCVBの内部結束はこうして小さなところから
強まっていくんだなぁと感じた1時間でした。



[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]
posted by 安里繁信 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279801754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。