2012年05月31日

しげ脳vol.166「スポーツアイランドへ〜琉球ゴールデンキングス優勝!〜」

5月20日、有明コロシアムで行われたbjリーグ決勝戦。
戦うのは浜松・東三河フェニックスと我らが琉球ゴールデンキングス!

沖縄から駆けつけた約1,500人のブースター(観客)の前で
キングスは3年ぶり2度目の優勝を果たしました。
会場で観戦した安里会長から感動の声を伺いました。


sige166-1.jpg
歓喜に包まれた優勝の瞬間

しげ脳vol.166「スポーツアイランドへ〜琉球ゴールデンキングス優勝!〜」


琉球ゴールデンキングス、全国制覇!
僕も有明コロシアムで見ててね、大変うれしく思いました。
前日に愛知県で講演があって、急遽東京入りすることになって
なんとか間に合って試合を見ることができたんですけど
あの優勝の瞬間に立ち会えたことを嬉しく思いますね。



編集)有明コロシアムの決勝戦の盛り上がりはすごいですよね〜!テレビ越しでも熱気が伝わってきました!

すごかったねぇ。
沖縄から約1,500人ブースター(観客)が駆けつけていて、
前日の京都との準決勝からずっと盛り上がってたらしくて
最後優勝が決まった瞬間はみんな抱き合って喜んでましたよ。

sige166-2.jpg

編集)もうお祝いのカチャーシー(沖縄の踊り)ですよね。

そうそう。
一緒に行った秘書の仲村渠さんは
あんまりスポーツとか関心なさそうで(笑)
たぶんバスケットのルールも分からないはず(笑)
だから行く前は全然乗り気じゃないわけさ。

でも試合見たら
すんごい盛り上がって。
知らないおばちゃんと
ハイタッチ(笑)!


本人も終わったあと興奮してて
会場に着くまでのテンションと全然ちがうんだわ(笑)
そこがバスケットの魅力だと思うし、
bjリーグの盛り上げ方のうまさだと思うし
なによりスポーツの素晴らしさだよね。

編集)3年前に優勝した時は沖縄の観客がブースター賞をもらってましたよね、沖縄のブースターのまとまり感ってすごい!

琉球ゴールデンキングスの木村代表が
なにもない中からここまでチームを作ってこられるには
すごい苦労があったんだろうな。
3年前の優勝について「あれは勢いでした」って言ってたんだけど
そのあと優勝して当たり前みたいな雰囲気になっちゃうわけでしょ、
他のチームからのマークもきつくなるし
そこで2年間勝てなかった。
だから今年優勝した時のあのガッツポーズは
いろんな想いを背負ってきたんだろうなって感じました。

編集)勢いだけじゃない、ちゃんと自分たちでつかんだものですもんね。

うん、ちゃんと自分らで手にしたっていう
手応えがあるんだろうね。
選手の方にね、優勝して大変じゃないですか、
チャンピオンの座を守り続けなきゃ
ならないから、って聞いたんですよ。
そしたら「いや、そんなことないです」と。
むしろ勝てない時の辛さを経験してるから
このプレッシャーは心地よいですって言ってて
なるほど、と思ってね。

編集)期待に応えられないほうが苦しいんですね。もともとキングって名乗ってますからね、トップ走るしかない(笑)

名前がゴールドのキングだからな〜。
そしてOCVBで沖縄県のスポーツ振興を担当されてる
仲程さんも来て無邪気に興奮してましたよ。
本当に嬉しかったんだろうなぁ。
彼女、優勝した時に泣きながら
「がんばってきてよかったです」って言うから
もらい泣きしちゃってさ。
これからもっと力入れていきます、っていう
決意を語ってくれてて大変嬉しく思ったね。

あと、一番すごいと思ったのが会場を出たら
沖縄の人たちが「わったー(方言で私たちの、の意味)キングスすごいなぁ」とか話してて。
ブースターの方々にとってキングスは
自分のものなんだよね。
むしろ自分もキングスのメンバーなんだ、みたいな。
そういう連帯感っていうか、郷土愛っていうか、
そんなのを一緒くたに味わうことができた
すごい瞬間だった。
不況だなんだっていろいろあるんでしょうけど、
こうして日本一取ることで地域が元気になるわけでしょ。
キングス見たさに台湾からもお客さんが来たっていうしね。
それに全国のbjリーグファンが
沖縄に足を運んでくれるわけじゃない。
これまでみたいに青い海、自然、文化…だけじゃなくて、
これに加えて目的を持ってきてくれる人を増やしたい。
その1つがスポーツアイランド。
bjリーグのコンテンツっていうのは
最大限活かしていけるんじゃないかなと思います。
だからキングスにも2連覇3連覇4連覇5連覇してね
不動のキングの座を守り続けて頂きたいし、
これは選手だけが努力するもんじゃなくて
地域で育てていくもんだと思うんだよね。
沖縄って大きな会社もないから
大きなスポンサーがついてるわけじゃなくて
みんなそれぞれの歩幅で地道に応援してきたわけでしょ。
この和がもっと大きくなっていくことを期待したいし
僕らも僕らでしかやれないことがあるはず。
一万人収容できるようなスタジアムがあったらいいな、とかさ。
みんなが集まりやすい箱がほしいね。

編集)かっこいいですね〜。バスケットのエンターテイメント性もすごいですよね、音楽ですごく盛り上げてくれる。

そうそう。今回は背中に
「やっぱりいいね沖縄」のロゴを大きく入れてくれたんです。
ハーフタイムで沖縄の映像も流してくれたし
最初のオープニングでもミス沖縄が1万人近い観衆の前で
ぜひ沖縄に来てくださいってPRしてさ。

編集)へぇ〜、すごい行政のスポーツ施策に一体感がありますね!

そうそう、オール沖縄で
臨んでるっていうのが伝わるよね、きっと。
もっともっとスポーツが地域づくりにつながって
人作りにつながって未来づくりにつながる…
そういう機会を作っていかなければならんなぁ、と思いました。
ですから改めてですけれども、
キングスのみなさんおつかれさまでした、
ブースターのみなさんおつかれさまでした、
これからも共にがんばってまいりましょう!

編集)ちなみに会長はバスケ部だった時代はありますか?

ない!
嫌いな人がバスケ部員だったから
入らんかった(笑)

編集)会長はバレーとか球技得意ですよね。だからバスケも上手いんじゃないですか?

たぶんな〜。
あいつがいなかったら僕も今頃
キングスのメンバーだったんじゃないかな(笑)


[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]

posted by 安里繁信 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272798429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。