2012年05月24日

しげ脳vol.165「現場を知る〜1泊2日八重山巡り〜」

石垣から小浜島、竹富島、西表島…と
八重山諸島を巡った安里会長。
その行程はなんと1泊2日!

その短期間ながら得たものはとても大きかったようです。
初めて訪れた離島の感動と感じたことを伺いました。



sige165-1.jpg

しげ脳vol.165「現場を知る〜1泊2日八重山巡り〜」



編集)会長、facebookを拝見すると週末はなにやらヨガやってましたね(笑)

そうなんだよ、離島で初めてヨガ体験(笑)
週末はね、1泊で離島に行ってきましたよ。
黒潮経済貿易フォーラムというイベントが
石垣の産業祭りの場で開催されて、
僕もパネラーとして参加してきたんです。
これは台湾の東側と八重山、宮古諸島での
新たな貿易ができないか、
経済交流ができないもんかという動き。
台湾の中でも東側っていうと
いろんな意味で僻地扱いされてるわけです。
台北側とは違ってね。
その東側での経済の課題を聞かせていただいたりしてきたんですね。
それを終えて、その日に石垣島から小浜島に渡って。

編集)ドラマ「ちゅらさん」の舞台になった島ですね!

そう!その小浜島に渡って。
リゾートホテル「はいむるぶし」の
遠山さんからご招待をうけて行ってきたんです。
小浜島は上陸したの初めてだから
ものすごく感動しましたね〜。

編集)石垣島からは船で移動ですよね。やっぱり本島以上にきれいでしたか?手つかずの自然が残ってるイメージです。

いや…手つかずというか、
これが小浜島らしさって言うんだろうな、という感じ。
シュガーロードっていうちゅらさんにも出てきた
さとうきび畑の道を見たり、
大岳っていう一番高い山を見たり、
あと県の文化観光スポーツ部の
平田部長の実家も見たなぁ(笑)



それでね、島全体の見学が終わって
もう施設戻るんだろうなって思ったら
突然、港に寄って「この船乗ってください」って
クルーザーに乗せられてさ!
「濡れますからお着替えください」って着替えまで用意してくれて、
「じゃあこれから釣り行きましょう」って!

編集)へぇ〜!!!

なんかね、想定外のことだったからすごく感動した。
遠山さんがすてきな歓迎をいろいろしてくれて。
船長さんもいい人だったな〜。

編集)素敵ですね!会長、釣りは何年ぶりですか!?

いやぁ、もう海に入ること自体5,6年ぶり。
僕はもともと海が好きな人間だから
余計に感動が大きかったね。
結果はね…うちのスタッフと
はいむるぶしのスタッフさんが一緒だったんだけど
結果、僕だけ坊主(一匹も釣れないこと)だった(笑)

編集)会長だけ、だめでしたか(笑)

だから「次は釣りのリベンジ果たします」
って誓って戻ってきました(笑)
夕食にはうちのスタッフが釣った魚を
料理して出してくれてね。
実際現場に関わってる方々の観光政策への意見を聞いたり
ものすごく有意義な時間でしたよ。

編集)へえ〜小浜島はコアな観光客が多そうですね。

うん、星野リゾートさんのホテルもあるから
大きなリゾートホテルが2つあってゴルフ場もあって
ちゅらさん以降人気の
スポットであることは間違いないんだね。
僕ら今後八重山全体の商圏をどうしていくか、
っていう話をいつも石垣で議論してたのさ。

でも実際島に行ったことなくて
現状を知らない人間が
語る資格ないなってことで
就任当初から
離島回りますって
言っちゃったんですよ(笑)


だからできるだけ島の現状に触れられるようにしてきました。
小浜ではそうして晩飯食って、ミーティングして、
朝一でヨガやって(笑)
それで雨の中、西表島に渡って、
西表島でレンタカー借りてマングローブ見て。
それで滝とか見たりして、食事もして施設の方と対話したりして
それから由布島にも水牛で渡って。

編集)へえ!盛りだくさんですね〜!


sige165-2.jpg


そう(笑)
それで見学してから慌てて西表島にもどって、
今度は西表島から竹富島に渡って。
そしたら竹富は着いたらすごい晴れで
めちゃめちゃ暑いんだよ。
あそこって島だけの憲法があるから(*)
それに準じた開発しかしなくてさ
環境省のお墨付きがあるぐらい、、
まぁ〜いいとこだったねぇ!
移動手段はレンタル自転車とか水牛車とか(笑)
僕らはあえて港から歩こうってことで歩きました。
石垣と赤瓦の町並みの中を歩いて、
ここにしかないスイーツを食べて。
観光地のおばちゃんの話を聞いてさ
とにかく盛りだくさんでしたよ。

(*)※重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、まちなみ(景観)が守られていることや、西表石垣国立公園に指定されている等のことを喩えている。

編集)すごいハードですね!この内容で一泊ですか!?

そう!すっごい慌ただしかった(笑)
ただ…よかった!!
それぞれの地域の特性に触れられた。

同じ八重山でも
島々のカラーが違うし
売りが違うし
町並みも違うし
売ってる商品も違うし、
そんなのを感じられるだけでも
ありがたかったね。


直接声が聞けたのも大きかったし。
八重山諸島でもまだ波照間も行ってないし黒島もまだだし、
まだまだ島があるんですよ。
なんとか年内で時間見つけて行ってこないといけないし
南北大東島を含めまだまだ僕の知らない沖縄ってあるから、
そこも足運ばんといけんなぁと思いました。

編集)大東島もまた、全然ちがうでしょうね、私も行ってみたいです。

沖縄観光を売っていくにあたって
この奥行きの深さ、いろんな沖縄があるってのを
どれだけ紹介できるかが僕らの努めとするならばね

那覇で鉛筆なめて
インターネットで
情報取るだけじゃなくて
リアルな、自分が共感したものを
伝えていけるような
セールスマンで
ありたいなと思いました。


編集)会長が見えた課題ってありましたか?

うん、課題はいっぱいありますよ。
新石垣島空港が3月にオープンするんですよ。
でも半年間のロードマップが書かれてるかっていうと
現状書かれてなくて。
交通政策と観光は切り離されてるところがあるから
それをなんとか埋めたいと思って今、
市との連携を視野にいれながら
取り組ませてもらってるんです。
オープンするまでにどれだけの路線を
誘客してこなきゃいけないかとか
オープンしたらどれだけの定期便、直行便が飛んでるとか
今のうちに想定して営業していければいいんですけど
まだそれがないんですよ。
今はスカイマークさんが乗り入れていただけるってことと
マンダリン航空さんが台湾からの乗り入れを
申請したという情報が入ってるぐらい。
残り半年でね、できるだけ可能性のある地域を詰めていって
我が国最南端の国際空港をなんとか盛り上げていきたい。
その発展なしに沖縄観光の目標数値に
届くことは不可能だと思ってるんで
精一杯がんばっていきたいです。

編集)石垣空港から竹富や小浜に外国の方がいっぱい入ってきたら素敵ですね〜。

素敵ですよ!朝子も行ってこい!

[聞き手:コピーライター 幸喜朝子]


posted by 安里繁信 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。