2010年02月25日

しげ脳vol.51「君は何者か〜行動まで移すのが本物〜」

毎回ひとつのテーマについて安里繁信 代表に語ってもらう連載「しげ脳」。わずか数年で一企業をグループ企業へと育て上げた若きリーダー。その脳みそは一体どうなっているのか?私たちとなにが違うのか?様々な経験や強い意志から作られるその脳内を、ちょっと拝見!

今回は若かりし頃の苦い思い出から。

sige51.JPG
肩書きは何であれ、常に“安里繁信”として生きてきた。vol.51「君は何者か〜行動まで移すのが本物〜」

「○○らしいね」ってあるじゃん。
例えば道歩いてるとさ、
出で立ちで職業が見える人がいるよね。
あ、この人は公務員じゃないかなとか
この人はチャキチャキの営業マンだろうなとか
ちょっと変わってるからクリエイターだろうなとか、
なんかわかるじゃん。

20年ぐらい前かな
俺もある社長さんから指摘されたことがあってね。

おまえどっからどう見ても運送屋、
トラックの運転手にしか見えん、って。


それで何が悪いんですか、って聞いたら
違う、と。
それは人から見透かされてることにつながるんだと。

こいつは何屋なんだろうって逆に
相手からクェスチョンのつかない人間は
興味を持ってもらえんぞって言われてさ。


だからおまえと付き合ってても業界の話しかしないし
全然おもしろくないって言われて、
あーそうだなって。
その頃俺は運送業界の業界人だったわけよ、完全に。
身も心もトラック野郎で我が業界のことしか関心持ってなかった。

ヘインズのTシャツを着て
リーバイスの501をはいて
安全靴に革ジャン着て


…みたいな(笑)
俺はこれでいいんだっていう
意固地なこだわりがあったのよ。
それを指摘されてはっとして。
なるほどなと思ってね。
テレビ関係にも業界のことをがーってしゃべる人がいるけど
あれ聞いてておもしろくないんだな〜。
業界用語とか並べてしまってさ。
我が社にも何人かいるもんね(笑)
業界の主語を語らんと言葉が成立しない人とか
それを語ることによって自らを正当化する人とかは
俺あまり好きじゃなくて。
業界を出た時にそれしか語ることがないって寂しいよな。

だから社長さんらしいねとかって言われたら
それでもう見透かされてるってことなんだよ。

何考えてるかわからんぐらいが
丁度いいぞ、って。


JCもそうなんだよ。
「あ、この人JCだろうな」ってなんとなくわかる。
あの毛並みの良さとかさ(笑)
まあいいところもあるんだろうけど、
やっぱりね、意外性も大事だよ。
商社マンか金融の方かなと思ったら
実は裏街道の方だったとか、そういう意外性が大事。
それから俺はいろんなことに関心を持つようになって
それぞれの業界の理屈を学ぼうとか
世間体じゃなく社会性を育もうと思いはじめた。
世間体は見た目とか体裁を整えるだけじゃんね、
社会性ってのはやっぱり世の中そのものの中で
このテーマがどうなのかとか、
自分がどこに存在してるのかとか
そういうことを考えるようになったね。

And)その社長さんにその後、何か言われました?

「おまえ変わったな」って。

And)確かに今の代表は何者か分かんないですもんね。

自分でも分からんもん(笑)

あなた誰、って言われたら
「安里繁信です」っていう感じ。


だからあんまりね、マニアックな世界には
入り込んでいかんようにしたいね。
エキスパートになることは大事だよ。
だけどもそれが全てだっていうふうなね、
そこに固執するような生き方はしたくないな。
知識ってのもものすごい大事なんだよ、
でも知識を得たらその情報の中で
「見識」を磨かないといけないんです。
そして次に「胆識」をつけないといかん。
肝識、つまり決断力と実行力を伴う
行動規範に移さなきゃいかんってこと。

アクションまで取ってはじめて
本物だと思うんだ。


知識をたくさん集めてその中で
いい悪いの判断基準として見識を磨きつつ
行動規範に移していく。
知識を得てもそれは単なる業界の理屈じゃないかとか
社会的にどうなんだっていう
俯瞰的なものの見方を忘れてしまうと
知識だけで終わっちゃうんだよ。
行動に移すにあたってはこの見識で
社会性を担保していくってのが大事だと思うね。
俺はいつも「俺はこう思う、なぜならこうだから、
ついてはこうしなければいけない」っていう
三段論法的に語るようにしてるんだけど、
その「なぜなら」ってとこに見識の深さ、
人間の深さって出てくるんだよね。
そこがないとばれちゃうのよ、底の浅さが。
だから「○○らしい」って言われたいのならば
この三段論法をちゃんと使うことと、
しっかり見識を持って社会性を備えていくことが大事だね。

[聞き手/(株)宣伝 幸喜朝子]


posted by 安里繁信 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。