2012年07月26日

しげ脳vol.174「本質の議論〜いじめ問題の報道から考える〜」

昨年10月、滋賀県大津市の中学2年生の男子生徒が
自ら命を絶ってしまってから9ヶ月。
いじめが原因として遺族が加害者を訴える中、
学校側や市教育委員会の対応など様々な点が問題となっています。

同じように中学生の子を持つ親であり、
また、小学生時代にいじめを受けたこともあるという安里会長に
お話を伺いました。


>続きを読む
posted by 安里繁信 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | しげ脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。